« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月11日 (火)

わんちゃんの車椅子

勤務医の頃、
半身不随になってしまったわんちゃんを
診させていただいていた飼い主さんが遊びに来てくれました。

Img_1174

現在は、その時に試行錯誤して自作した車椅子を
他の方々にも提供するお仕事をされているそうです。

私も見させてもらいましたが
わんちゃんのことをとにかくよく考えて作られていて
作り手の愛情を感じる出来栄えで
感動しました。

石川県内で作られています。
多くの方に知ってもらえるよう願っています。

http://www.napiboc.com/

2013年6月 9日 (日)

ホタル

ただいま、9時ですが、
病院のすぐ近くの大谷川に沿って蛍がたくさんいました。
今日の天気が蒸し暑く、曇りで、今の時間がたまたま日没1~2時間後の
絶好のホタル日和だったそうです。
ホタルが見れるという話は以前から聞いていたのですが
ここまでたくさんきれいに見えるとは思いませんでした。
お近くの方は時間と天気を狙えば見えるかも!?
(デジカメではあまり綺麗に撮れませんでした・・・)

Imgp05361

ねこ病院

慢性腎臓病のミーコちゃんです。
Imgp0487

低カリウム血症が出てきてしまい、
来院時は顔を持ち上げられないくらいの状態でしたが、
食欲も出て、元気に退院してくれました。

スタッフ全員、猫好きなせいなのか、
猫ちゃんの来院の割合が多いのも当院の特徴です。

私自身は、動物全般が好きですが
特に小さい頃から猫が好きで、
大学時代も研究室の猫チームの代表をしていました。

そのため「雑種の猫だから・・・」とか「ただでもらった子だから・・・」
という言葉を聞くと少し悲しくなります。

猫ちゃんの場合、
どこまで治療や検査を積極的に行いたいか、
治療をする上で飼い主の方との時間の過ごし方をどうしたいか、
というデリケートなご相談が多くなることが多いです。

もちろんわんちゃんはじめ、他の動物でもあることですが
猫ちゃんの場合には、人間との関係性の築き方が多種多様なので
そういったご相談が多くなるのだと思います。

2013年6月 6日 (木)

ジャンガリアン専用麻酔マスク

同業者の方もたくさんご覧になっているそうなので・・・

病院内にあるもので簡単にできる
ジャンガリアン専用麻酔マスクの作成方法です。

20mlのシリンジを用意し、バラします。
Imgp0442

ゴムに丸く穴を開けます。
Imgp0443

Imgp0444

シリンジの5~10mlのところでカットします。
辺縁はライターなどで角を取ります。
Imgp0445

Imgp0446_2

ゴムをはめます。
Imgp0448

4.0の気管チューブのアダプタを取り付けます。
Imgp0449

Imgp0450

紐をつけます。
Imgp0452

Imgp0349

他にも作り方はたくさんありますが、
この方法であれば分解して衛生的に使うことができます。

もちろん酸素のもれは完全には防ぐことはできませんので
電気メス等を使われる際には十分に注意してください。

脛骨骨折

先日脛骨骨折の手術を行ったくろちゃんです。
ただ今食事中です・・・。

プレートとスクリュー(ボルトのことです)による内固定と
私の好きな固定法のロバートジョーンズ包帯による外固定を行っています。

Imgp0477

お肉をもりもり食べて早く治してね!

Imgp0466

2013年6月 4日 (火)

飛影くん

チワワの飛影くんです。
お腹の虫もきちんと落ちました!

Imgp0462

2013年6月 1日 (土)

学会発表をするということ

昨日、獣医師会より昨年度の学会発表に対しての表彰をいただきました。

学会発表自体は病院経営には直接関係なく
むしろ、出費や労力も多いのですが、
一つ一つの治療を突き詰めて反省を改善を繰り返す過程で、
発表を通して広く意見を聞きたいことや
より多くの病院に発信するべきことが出てきます。

稚拙な発表では厳しい意見を頂戴することもあり、
その場では苦労も多いのですが
それらのご意見が確実に日常診療の改善につながっています。

今後も学会への積極的な参加を通して
より良い獣医療の習得と
病院としてのレベルアップをしていきたいと思っています。

「一頭の傷病を負った動物に対して、一人の獣医師として対峙したときに
どこまで力を発揮できるか、それを生涯研鑽するのが、臨床家」

という言葉を駆け出しの頃にいただいたことがあります。

今でもそれが私の理想です(^▽^)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »