« カウンセリングルーム | トップページ | 骨折その後 »

2013年7月26日 (金)

うさぎさんの皮膚糸状菌症

うさぎさんの耳に発生した皮膚糸状菌症です。

Imgp0071

まだ幼いうさぎさんです。

Imgp0072

耳の淵を中心に脱毛と痂皮が広がっています。

Imgp0067

糸状菌検査キットで陽性反応(2本の線)が出ていました。
この検査キットは判定が早くできるのが特徴で
迅速に診断が可能になります。

皮膚糸状菌症は薬が効きにくく、
長期の抗真菌薬による治療が必要になることも多く
また、病態が薬疹によるものに移行していることもあるため
長期の投薬後、最終的に休薬することで回復することもあります。

この子は2回、薬の変更を行った後、回復しました。

Imgp0636_2

« カウンセリングルーム | トップページ | 骨折その後 »