« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月23日 (月)

サブちゃん

避妊手術と乳歯抜歯を行ったサブちゃんです。

Photo_10
おりこうさんでした。

チョコちゃん

去勢手術と歯石除去を行ったチョコちゃんです。

Photo_9
頑張りました。

はなちゃん

乳腺のしこりが見つかったため、
乳腺腫瘍摘出のほかに、
卵巣子宮摘出、歯石除去を行ったはなちゃんです。

Photo_8

すっきりしましたね。

キャンディーちゃん

毎月の注射に通ってくれているキャンディーちゃんです。

できものの再発もなくお利口さんに頑張ってくれています。
Photo_7

空ちゃん

前腕骨折で大変だった空ちゃんですが

プレートの摘出も終わりました。
Photo_6

だいちゃん

だいちゃん、去勢手術、完了です!

Photo_5

前腕骨折

前腕骨折の治療報告です。

Imgp1160
片方の前腕の骨が2本とも折れてしまっています。
Imgp1164
プレートやスクリューなどを使って固定しています。
Imgp1186
骨の回復状態を見て、固定具を取り外します。

チャムちゃん

ライオンラビットのチャムちゃん

爪切りに来てくれました。
Photo_4
もふもふ

ひめこちゃん

股関節脱臼の整復術を乗り越えたひめこちゃんです。

関節の可動域も良好でした。
Photo_3

ルナちゃん&トトロちゃん

ルナちゃん&トトロちゃん、避妊、去勢終わりました。

2
Photo
二人で仲良く1泊して帰りました。
(開腹手術後は1泊して安静にしてもらいます)
Photo_2
術創は臍の下1.5センチくらいでした。
(抜糸、投薬は必要ありません。)

2013年12月20日 (金)

アルトちゃん

腹腔内腫瘤を摘出したアルトちゃんです。

黄疸も引いて食欲も出てきてくれました。
よく頑張ってくれました。
Photo_14

ワクチン

最近、ワクチンに来てくださった子たちのお写真の一部です。

ワクチンは感染症の予防に非常に重要です。
感染症の予防にご理解いただき、ありがとうございます。
動物たちに代わって御礼申し上げます。
Photo
ポタちゃん
Photo_2 
てんてんちゃん
Photo_3
ハッピーちゃん
Photo_4
ヤンキーちゃん
Photo_5
ガガちゃん
Photo_6
クロちゃん
Photo_7
チロリンちゃん
2
ハッピーちゃん
Photo_8
ロペちゃん
Photo_9
もずくちゃん こんぶちゃん
Photo_10
ティアラちゃん
Photo_11
ミントちゃん
Photo_12
しろちゃん
Photo_13
ロイちゃん

2013年12月10日 (火)

ラムちゃん

乳腺腫瘍、子宮卵巣摘出、歯石除去を行ったラムちゃんです。

Imgp1208
まだ若い子ですが、早期に発見して摘出できてよかったです。

2013年12月 9日 (月)

ネコちゃんの閉塞性黄疸

ワンちゃん、ネコちゃんの白目、皮膚などが黄色くなり

おしっこの黄色が濃くなっている場合には
黄疸の可能性があります。
赤血球が壊れた場合や肝臓そのものが障害を受けた場合にも
黄疸は起こりますが、
特に、肝臓、胆のうから小腸へ排出される胆汁が
何らかの原因で閉塞した場合には
重度の黄疸が出てしまいます。(閉塞性黄疸)
閉塞性黄疸の場合には閉塞の原因を早期に外科的に解除しなければ
全身状態の悪化から、致命的となります。
このネコちゃんのケースでも重度の黄疸に対して
内科的治療の反応が乏しく、手術となりました。
Imgp1065
Imgp1066
術中に著しく腫大していた脾臓と腫瘤を摘出したところ、
圧迫されて閉塞していた総胆管の流れが改善しました。
術後から、日ごとに黄疸は引いていき、
それとともに全身状態はよくなってくれました。
手術には動物、飼い主さん、獣医師ともに
負わなければならないリスクが付き物ではありますが、
外科的な介入なしには回復し得ない状況があるのも事実です。

2013年12月 8日 (日)

チンちゃん

重い鼻気管炎で食事をとることができず、

2週間の入院治療でやっと食欲が回復して退院することができた、
子猫のチンちゃんです。
Imgp1202
非常に厳しい状態ではありましたが
抗生物質、抗ウイルス薬、抗炎症薬などのほか
吸入、カテーテル給餌などを昼夜、休診日問わず協力してくれた
スタッフみんなのおかげもあって
なんとか回復してくれました。
子猫を助けたことがあったり、
小さな子供のいるスタッフたちは
子猫や子犬の小さなことまでとてもよく気づいてくれます。
そういった小さなケアの積み重ねが難しい治療を
成功に導いてくれることもあります。
そして最後まで元気になってくれることを信じていてくれた飼い主の方、
なによりチンちゃん自身に感謝です!

幸太郎くん

去勢手術と臍ヘルニアのオペが終わった幸太郎くんです。

とてもおりこうさんでかわいいです!
すてきなお名前ですね。
Imgp1201

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »