« 杏ちゃん | トップページ | ニャンキチちゃん »

2014年5月22日 (木)

会陰ヘルニアによる尿道閉塞

去勢をしていない男の子には

性ホルモンの影響で罹患しやすい病気があります。
中には強い症状を示し命に関わることがあります。
その最たるものの一つとして、
会陰ヘルニアによる尿道閉塞があります。
会陰ヘルニアとはお尻まわりの筋肉の間から
骨盤腔内の臓器が皮膚の中に飛び出してしまう病気です。
ここに直腸がでてしまうことによる便秘の症状や、
膀胱がでてしまうことによる尿閉の症状が起こることがあり、
とくに尿閉の症状は緊急性を要します。
Imgp1750
今回大きなわんちゃんがその症状がでたしまい、
内科的な治療では改善が見込まれなかったため
手術を行いました。
直腸と膀胱が皮膚に飛び出さないように
腹腔内で固定しています。
Imgp1755
次に筋肉の穴を閉じる手術をしています。
そして、性ホルモンに関連する疾患ですので
去勢手術も同時に行っています。
幸い、排尿できるようになり、
元気になってくれました。
しかし、残念ながら状態が悪い場合は
助けてあげられないこともあります。
*****************
交配を予定していない子は
なるべくなら去勢手術をしてあげてほしいと思っています。

« 杏ちゃん | トップページ | ニャンキチちゃん »