« ミニイちゃん | トップページ | セキセイインコの皮膚腫瘤 »

2014年7月10日 (木)

猫ちゃんの皮膚肥満細胞腫

猫ちゃんの首の周囲の皮膚にできることの多い腫瘍のひとつに

皮膚肥満細胞腫があります。
Imgp1897
肥満細胞腫の挙動は動物種によって差がありますが
現段階では猫ちゃんの皮膚に出来た物は
外科的に十分に摘出することが第一選択となります。
Imgp1899
周りへの浸潤があることが多いので
比較的広範囲を切除します。
Imgp1901
この子は摘出前に検査を行い肥満細胞腫が疑われていました。
Imgp1869
摘出後の病理検査でもやはり肥満細胞腫という結果であり
浸潤もふくめて取りきれているということであり
ひとまず一安心となりました。
猫ちゃんの皮膚にできものがある場合には
様子を見ずに必ず動物病院での受診をされることを
オススメします。
万が一、外科摘出困難な大きさまで拡大してしまった場合には
全く予後がことなってきます。

« ミニイちゃん | トップページ | セキセイインコの皮膚腫瘤 »