« ジャンティちゃん | トップページ | ワンちゃんの椎間板ヘルニアについて »

2014年12月17日 (水)

芒(のぎ)にご注意ください。

先日、散歩中に芒が耳や目に入ってしまってことによって
障害を負ってしまったわんちゃんが続いて来院されました。
Imgp3381
耳に入ってしまったわんちゃんは鼓膜を損傷してしまい
炎症を起こして耳をかゆがり、片耳はずっと垂れたままでした。
Imgp3455_2
Imgp3458
目に入ってしまったわんちゃんは角膜と瞬膜を損傷してしまい
目の腫れと痛みがなかなか治まりませんでした。

幸い、摘出し治療を行って良くなってきてくれています。
Imgp3427
耳が立ってきています。
Imgp3457
角膜の傷、瞬膜の傷が回復してきています。

芒は一度入り込むと取りにくくなってしまう
「かえし」のような形状になっているため
こういった事例が多くなっています。

去年もこの時期に発生していました。

この時期のお散歩のあとに急に症状が出た場合には特に要注意です。
我々も常に鑑別リストに加えておく必要があると思います。

« ジャンティちゃん | トップページ | ワンちゃんの椎間板ヘルニアについて »