« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月30日 (金)

カレッジィちゃん

ヨツユビハリネズミのカレッジィちゃんです。
Imgp3982
皮膚の検査と爪切りに来てくれました。
Imgp3979
慣れるまでは丸まってしまうので
少し工夫して爪切りです。

どんなに上手に隠れても♪
お腹とあんよが見えてるよ♪♪

2015年1月29日 (木)

ペットの食事についてのQ&A

栄養学に関する研究室や、療法食の会社に所属していたことがあり、現在も、病気や体質に応じたペットフードのご相談や自家製フードのレシピのご相談や、実際の栄養成分の評価などを行っています。

その際に、以下のようなことについてご相談いただくことがしばしばあります。

自家製のものを食べさせた方が長生きする
ペットフードは添加物が入っているので良くない
うちの犬は〇〇だけ食べさせていて〇〇年も生きた
ペットフードのなかった昔には〇〇なんて病気はなかった

自家製フードは、栄養バランスを整えて作ることが大切だと思いますし、ペットフードも上手に選んであげることが大事だと思います。

以下に私の個人的な意見を書かせていただきたいと思います。

Q 自家製のものを食べさせた方が長生きする?
A その可能性はあります。温かく調理されたものによって食欲不振時に十分な栄養が取れたり、食事アレルギーがある場合には、食材が限定されている自家製フードによりそれが避けられることもあります。しかし、栄養組成を整えて自家製レシピを作成するにはある程度の栄養学的な知識や細かい計算が必要になります。また、生肉、生魚、生野菜などの生ものには、わんちゃんで健康被害が報告されているサルモネラ菌などの病原細菌が、調理中に死滅せずに存在している可能性がありますので、十分に注意して取り扱うようにしてください。
Q ペットフードは添加物が入っているので良くない?
A 一概に添加物といっても香料、着色料、乳化剤、保存料など、様々なものがあります。現在、日本のペットフードには添加物の表示が義務づけられており、それぞれの用途についても添加物便覧で確認することができます。生活空間や人の食事にも含まれる可能性があるので過敏になりすぎる必要はないと思いますが、特定のものを意識的に避けてペットフードを選ぶことは可能です。また、ペットフードの成分表示の後半にはビタミンなどの栄養素の供給源である合成物質が記されていますが、それを化学物質だと誤解されている例も多々あります。(例えば、『亜セレン酸ナトリウム』は必須ミネラルであるナトリウムとセレニウムの供給源になります。)
Q うちの犬は〇〇だけ食べさせていて〇〇年も生きた?
Q ペットフードのなかった昔には〇〇なんて病気はなかった?
A これについては多く説明をする必要はないかもしれませんが、特定のわんちゃんで起きた事例がすべてのわんちゃんに当てはまるとは到底言えません。また、ペットの平均寿命が伸びたことや、生前診断が可能になったこと、病気の機序が判明し病気として認められたり細分化されたことなどによって、以前に比べ『診断されることが』多くなった病気が増えた、という可能性の方がよほど高いと言えると思います。

美味しくて安全で健康的な食事はハッピーライフの基本です!

ワクチン

最近ワクチン接種にきた
わんこさん、にゃんこさんの
可愛いお写真です
みんな頑張りました

Photo

メリーちゃん
Photo_2
マロンちゃん
Photo_3
遊夏ちゃん
Joy
JOYちゃん
Photo_4
奏音ちゃん
Photo_5
げんまいちゃん
Photo_6
モモちゃん
Photo_10
りきちゃん
Photo_7
クーちゃん
Photo_8
ミャーちゃん
Photo_9
大吉ちゃん
Photo_11
ぴいちゃん
Photo_12
アルルちゃん
Photo_13
メルちゃん

2015年1月23日 (金)

ミルクちゃん

フレンチ・ブルドッグの
ミルクちゃんです
Photo_4
心臓病の治療を頑張っています
いつも元気に通院されています

2015年1月21日 (水)

手術後のお写真

手術を頑張った子達の
可愛い写真です
元気に退院できて
良かったね

Photo

ぽぽちゃん (避妊手術)
Photo_2
チャッピーちゃん (脛骨骨折、皮膚腫瘤切除)
Photo_3
ミミちゃん (避妊手術)
Photo_4
つきちゃん (避妊手術)
Photo_5
くうちゃん (避妊手術)
Photo_6
ヤマトちゃん (去勢手術)
Photo_7
チビちゃん (上腕骨折)

2015年1月20日 (火)

犬舎(大型犬OK!!)

大型犬もゆったりスペースで入院可能な犬舎が
やっと入りました。
開院以来、導入を検討していたのですが
ちょうどいいサイズのものや
使い勝手のいいものがなかなか見つからずにいました。
Imgp3766
高さと幅が140cm近く、奥行きも100cm近くあります。
全国的には小型犬の飼育割合のほうが多くなっていますが
能登は大型犬を飼うのに適した環境なので
割合は全国よりも多いと思います。

当院では設計段階から待合室や診察室の広さや
手術台、診察台、シンク、レントゲンなどを
極力、大型犬でも不自由の少ないようにしています。

そして大型犬がゆったりとできる環境にすることで
恐がりな猫ちゃんや小型犬と離してあげることもできるので
他の子たちにもたくさんのメリットがあると思います。

2015年1月18日 (日)

内視鏡検査の様子

先日、行った子猫の内視鏡検査の様子です。

20150118_213200
胃〜十二指腸の入り口(幽門)

20150118_213313
十二指腸

細径のものなので小型のワンちゃんやネコちゃんでも使用可能です。
(ただし検査できる範囲には限界があります。)

2015年1月16日 (金)

猫の腸閉塞

お正月に子猫ちゃんの腸閉塞の緊急手術がありました。
Imgp3684
小腸の終わりのほうで詰まっていたため、
便のような吐物を頻繁に嘔吐していました。
全身状態も悪く可哀想な状況でした。
Imgp3687
詰まっていたのは
ペディキュアを塗るときに指の間にはさむ、
トゥセパレーターの一部でした。
たぶん、子猫にとっては噛み応えがよくて
格好のおもちゃだったのですが
残念ながら全く消化されず詰まってしまったようです。
Photo_14
手術部位も回復して抜糸に来てくれました。
術前のぐったりがうそのように元気で写真がぶれています・・。

フィラリアの注射薬について

すでにご案内しております通り、
本年のフィラリアの予防注射は
4月以降の混雑する時期を避けて確実に予防できるように、
1月〜3月の期間に限定して接種を行うことになりました。
ご不便をおかけ致しますが、
確実な予防のためにご理解、ご協力のほど、
よろしくお願い申し上げます。
なお、接種の前には
フィラリアの検査が必要となりますので
合わせてお願い申し上げます。

ピースケちゃん

マクロラブダスの感染症で

重度の消化不良の状態だったピースケちゃんですが
順調に回復して、健康診断に来てくれました。
Photo_13
便の異常には要注意です!

ライチちゃん

足を火傷してしまったライチちゃんですが

幸い回復してくれました。
Photo_12
足を火傷してしまうと
しばらくしてから重篤な状態になってしまうことがあるので
注意が必要です。
大丈夫かなと思っても早めの受診をお勧めします。

ワクチン

最近ワクチン接種に来た
ワンコさんニャンコさん
の可愛いお写真です
みんな頑張りました

Photo

空ちゃん
Photo_2
あらしちゃん
Photo_3
くるみちゃん
Photo_4
のんちゃん
Photo_5
すずちゃん
Photo_6
クレアちゃん
Photo_7
ゆずちゃん
Photo_8
ななこちゃん
Photo_9
メルちゃん
Photo_10
茶々ちゃん
Photo_11
サクラちゃん

2015年1月12日 (月)

七尾市西部方面からお越しの方へ

先日、公立能登病院から国分の交差点まで、新しく広い道路ができました。
市街地を避けて通ることができるため、かなり時間を短縮することができます。
Image4

七尾市西部方面からお越しの方や、七尾田鶴浜バイパスや七尾輪島線(県道1号)をお使いになってご来院される方はぜひご利用ください。

1〜2年内に、七尾市内を能越自動車道が横断するようになります。
当院は城山インターと七尾インターから近くなりますので、遠方からお越しいただいている方のご負担も軽減することと思われます。もうしばらくお待ち下さいm(_ _)m

2015年1月 9日 (金)

ととちゃん

慢性腎臓病のため、点滴通院を頑張っているととちゃんです。

Imgp3535
御歳16歳、まだまだ頑張ってほしいです。
当院には、動物種問わず、
慢性腎臓病の治療のため点滴通院されている方が
たくさんいらっしゃいます。
慢性腎臓病は脱水しやすい状態になってしまいます。
脱水を改善してあげることが
状態を維持ために重要になってきます。

手術後のお写真

手術を頑張った子達です
みんな元気に退院されました
良かったね

Photo_18

あんずちゃん(避妊手術)
Photo_19
コータちゃん(去勢、歯石除去)
Photo_20
春原ちゃん(膀胱結石摘出)

ワクチン

最近ワクチン接種にきた
ワンちゃんニャンちゃん
です
みんな頑張りました

Photo

リンちゃん
2
ハッピーちゃん
Photo_2
幸太ちゃん
Photo_3
マロンちゃん
Photo_4
あんずちゃん
Photo_5
スフィンクスちゃん
Photo_6
鈴ちゃん
Photo_7
クーちゃん
Photo_8
ギンちゃん
Photo_9
ミントちゃん
2_2
はなちゃん
Photo_10
敦ちゃん
Photo_11
モモちゃん
Photo_12
エイトちゃん
Photo_13
剛ちゃん、侑ちゃん、鈴ちゃん
Photo_14
マロンちゃん
Photo_15
ヤマトちゃん
Photo_16
チロちゃん
Photo_17
豆太ちゃん

2015年1月 2日 (金)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます

本年も宜しくお願い致します
本年は1月5日から平常通りの診察となります。
ご了承のほど、お願い申し上げます。
*************************
年末からお正月にかけて、
異物誤食などによる内視鏡検査や
怪我による手術が相次いでいます。
なお、申し訳ありませんが、
当院では、対応できる件数に限りがありますので
時間外や休診日の応対は
当院がかかりつけの方に限らせていただいております。
また、時間外では十分な対応ができないことも多いですので、
できるだけ診察時間内にお越し下さいますよう、お願い申し上げます。
*************************

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »