« フィラリアの注射薬について | トップページ | 内視鏡検査の様子 »

2015年1月16日 (金)

猫の腸閉塞

お正月に子猫ちゃんの腸閉塞の緊急手術がありました。
Imgp3684
小腸の終わりのほうで詰まっていたため、
便のような吐物を頻繁に嘔吐していました。
全身状態も悪く可哀想な状況でした。
Imgp3687
詰まっていたのは
ペディキュアを塗るときに指の間にはさむ、
トゥセパレーターの一部でした。
たぶん、子猫にとっては噛み応えがよくて
格好のおもちゃだったのですが
残念ながら全く消化されず詰まってしまったようです。
Photo_14
手術部位も回復して抜糸に来てくれました。
術前のぐったりがうそのように元気で写真がぶれています・・。

« フィラリアの注射薬について | トップページ | 内視鏡検査の様子 »