« 薬剤感受性試験 | トップページ | 椎間板ヘルニア手術 »

2015年12月17日 (木)

歯科用ハンドピース先(同業者向け)

今回はほぼ同業者の方向けの内容です。

小動物の歯科の分野は
伴侶動物の高齢化とともに、
重要性が高まっています。
そのため、歯科用のマイクロエンジンを導入して
表面の研磨や抜歯を行う施設が増えてきています。
しかし、それらの導入に当たってハンドピース先についての規格が
歯科に特化していない我々にとっては単純でない部分がありますので、
ご参考までにまとめてみました。

①FG(フリクショングリップ)タイプ
②CA(コントラアングル)タイプ または RA(ライトアングル)タイプ
③HP(ハンドピース)タイプ
④スクリュータイプ(プロフィー用)

大きくこの4種類に分かれるかと思います。
①はハイスピードハンドピースで使用する直径1.6mmの短いバー
②は等速や減速のコントラアングルハンドピースで使用する直径2.35mmの短いバー
③はストレートハンドピースで使用する直径2.35mmの長めのバー
④はプロフィー用ハンドピースで使用するネジ式の先(カップなど)
Dsc00964

*メーカーによる差がある可能性がありますので、
事前にご確認いただきますようお願い致します。

« 薬剤感受性試験 | トップページ | 椎間板ヘルニア手術 »