« ありがとう、ミルちゃん | トップページ | マラセチア性外耳炎・皮膚炎 »

2016年1月19日 (火)

整形外科用アタッチメント

今回は同業者の方向けの内容です。

以前、歯科用ハンドピース先の形状についてまとめましたが、
今回は、整形外科のドリル先、ドライバー先、タップ先などの形状について
まとめてみました。
こちらも、名称に明確な統一がないようで
やや分かりにくい部分があります。
Dsc01171
主なものは以下の4種類になるかと思います。
①クイックカップリング型
(AOチャック、AO、ワンタッチという表記のこともあるようです)
Dsc01174
このような形状です。
Dsc01173
対応した器具に装着可能です。

②ミニクイックカップリング(デンタルカップリング)
Dsc01177
このような形状です。
Dsc01187
歯科用ハンドピースのCA(コントラアングル)タイプの形状とほぼ同じです。
Dsc01189
Dsc01178
対応した器具で使用できます。

③ストレートハンドピース(HP)
Dsc01181
2.35mmの軸になっており、ストレートハンドピースに対応しています。
Dsc01182
Dsc01183
歯科用のバーと並べると軸の太さが同じなのが分かります。

④ジャコブスチャック
(ヤコブスチャック、ヤコブチャック、ジャコブチャック、パワードリル)
自由径であり、対応するジャコブスチャックで使用できます。
Dsc01184
Dsc01185
Dsc01186
ジャコブスチャックは太さの異なるピンもチャックすることができます。

« ありがとう、ミルちゃん | トップページ | マラセチア性外耳炎・皮膚炎 »