« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月26日 (火)

インドシナウォータードラゴン

足の指が脱落してしまったウォータードラゴンくんです。
Dsc01261
血行状態が悪く他の指も脱落の恐れがあり、
外科的に絞扼を解除し、支持療法をお家で頑張っていただいたお陰で
Dsc01401
なんとかこれ以上広がらずに、治癒してくれました。
Dsc01258
皮膚の状態も悪く、成長期ということで悪化を危惧していたのですが、

Dsc01397
こちらも改善してきて、ふっくらしてきてくれました。
Dsc01396_3
クレストもほっぺもかっこよくなってきました。
******************
四肢の指の脱落の原因として
脱皮不全や不適切な飼育環境などが
考えられますが、あなどれない傷害なので
注意が必要です!

手術後のお写真

手術を頑張った子達の、お写真ですshine
みんな元気に退院出来ましたhappy01

Photo_23

はっぴぃちゃん (脛骨骨折)
Photo_24
バームちゃん (去勢手術、歯石除去)
Photo_25
タッキーちゃん (去勢手術、口腔外科処置)
Photo_26
ジャックちゃん (歯石除去、抜歯)
Photo_27
ココちゃん (去勢手術)
Photo_28
クロマロちゃん (去勢手術)
Photo_29
ロイちゃん (両側皮下陰睾)
Photo_30
まろんちゃん (去勢手術、歯石除去)

ワクチン

ワクチン接種に来てくれた
かわいい子達のお写真ですhappy01
みんな注射を頑張りましたnote
Photo
凛々ちゃん
Photo_2
Photo_3
くうちゃん、シナモンちゃん
Photo_4
豆助ちゃん
Photo_5
レモンちゃん
Photo_6
ラブちゃん
Photo_7
プリンちゃん
Photo_8
ピースちゃん
Photo_9
チロちゃん
Photo_10
アルちゃん
Photo_11
アムールちゃん
Photo_12
萌助ちゃん
Photo_13
小太郎ちゃん、大助ちゃん
Photo_14
小春ちゃん
Photo_15
るなちゃん
Photo_16
マルちゃん
Photo_17
ハッピーちゃん
Photo_18
トラちゃん
Photo_19
しょうたちゃん
Photo_20
くうちゃん
Photo_21
うにちゃん
Photo_22
メイちゃん

2016年4月14日 (木)

口腔内レントゲン

少しずつではありますが、
当院でも口腔内レントゲン(口内法)の準備をしています。
Dscf0954
現在、最適な撮影条件などを検討中です。
わんちゃんやねこちゃんの口腔内レントゲンは
基本的に全身麻酔下でないと撮ることがができませんので、
まず、一般的な口外法でおおよその状態を把握することになります。
口腔内の外科的な処置の際に口内法で細部の撮影を行うことで、
歯根部の隠れた病変などを検出します。
麻酔中に行う検査なので、動物への負担も少なく
有用な情報が得られる検査だと考えています。

ワクチン

ワクチン接種に来てくれた
わんちゃん、ねこちゃんの
可愛いお写真ですheart04
みんな注射を頑張りましたscissorsshine

Photo

春ちゃん
Photo_2
大吉丸ちゃん
Photo_3
小次郎ちゃん
Photo_4
レンちゃん
Photo_5
モモちゃん
Photo_6
もこちゃん
Photo_7
ハッピーちゃん
Photo_8
ちょんびちゃん
Photo_9
チョコちゃん
Photo_10
しろちゃん
Photo_11
エルちゃん
2
小次郎ちゃん
Photo_12
ミルクちゃん
Photo_13
ボギーちゃん
Photo_14
えいとちゃん
Photo_15
ティニーちゃん
Photo_16
チョビちゃん
Photo_17
しゅしゅちゃん

2016年4月13日 (水)

病院を使い分けることの弊害

とてもとても元気なコーギーのコロちゃんです。
Imgp6588
元気すぎてコーギードリルのようになってしまっています。
Imgp6586
これでもいつもの元気のまだ8割くらいでしょうか。
先日、いつも元気なコロちゃんが、
少しおとなしめのコーギーくらいのテンションで病院へやってきました。
コロちゃんがこのテンションということは、
おとなしい子であればぐったりしてるくらいの状態だろうということは、
いつも診させてもらっている子であればすぐにわかります。
案の定、早急に治療が必要な状態でした。
現在も治療中ですが、だいぶ元気になってきてくれています。
******************
ワクチンやフィラリア、ノミなどは違う病院で、
具合が悪いときは別の病院、というように使い分けている方もいらっしゃいます。
複数の先生の目で診てもらえるというのは、
それはそれでメリットがあると思っていたのですが、
コロちゃんのケースのように、
いつもの状態とどの程度違うのかが重要なことがあります。
動物病院の使い分けをしてしまっていると、
ここが盲点になってしまうことがあるので、
やはり、信頼できる先生が近くにいることが動物にとっては一番だと
改めて考えさせられました。
そう思ってもらえるように頑張るしかありませんね!
(もちろん、高度医療施設や専門医のいる施設はこの限りではありません)

2016年4月10日 (日)

手術後のお写真

手術を頑張った子達の
お写真ですsign03
みんな元気に退院できましたshine

Photo_16

鈴ちゃん (子宮蓄膿症)
Photo_17
大助ちゃん (精巣腫瘤、皮膚腫瘤切除)
Photo_18
もん太ちゃん (去勢手術)
Photo_19
チコちゃん (避妊手術)
Photo_20
シクちゃん (避妊手術)
Photo_21
大吉丸ちゃん (去勢手術)
Photo_22
みゅうちゃん (避妊手術)
Photo_23
ミュウちゃん (腫瘤切除)
Photo_24
ハナちゃん (歯科処置)
Photo_25
ニャースちゃん (避妊手術)
Photo_26
鈴ちゃん (消化管内異物摘出)
Photo_27
みすずちゃん (避妊手術)
Photo_28
ことりちゃん (避妊手術)

ワクチン

ワクチン接種をした、動物さん達の
可愛いお写真ですheart
みんな頑張りましたhappy01shine
Photo
こてつちゃん
Photo_2
優奈ちゃん
Photo_3
りゅうちゃん
Photo_4
はるちゃん
Photo_5
くうちゃん
Photo_6
リキちゃん
Photo_7
ふくちゃん
Photo_8
そうめんちゃん
Photo_9
シャークちゃん
Photo_10
うにちゃん
Photo_11
花ちゃん
Photo_12
ロックちゃん
Photo_13
ペロちゃん
Photo_14
とおたちゃん、シャノちゃん
Photo_15
こはくちゃん

2016年4月 3日 (日)

ロボロフスキーの不正咬合

ロボロフスキーハムスターのラムちゃんです。
切歯の不正咬合を起こしてしまい、
食事を摂取することができず体重も痩せてしまい、
危険な状態ですが、
歯の処置と、点滴などの支持療法を頑張ってくれたおかげで
11gまで痩せていた体重も16gまで増えて
元気に走り回れるようになってくれました。
Dsc01335
ロボロフスキーはとても小さい種類のハムスターで、
とても素早く動くことができるので
本来は動物病院での診察や処置にも
限界があることがあります。
ラムちゃんもロボロフスキーらしい姿に戻ってきてくれましたcoldsweats01

2016年4月 2日 (土)

特発性慢性角膜上皮欠損

特発性慢性角膜上皮欠損の治療を頑張ってくれたヒカリちゃんです。
Dsc01331
特発性慢性角膜上皮欠損は、
角膜の一部が接着不良を起こしてしまうことにより
非常に治りにくい目の表面の傷を生じてしまい、
通常の角膜びらんの治療では治癒しないことがある
難治性の角膜びらんです。
Dsc01197
真ん中の黄色い部分が角膜に潰瘍がある部分です。
Dsc01235
通常の治療では反応に乏しく、
Dsc01241
外科的治療を行い、
Dsc01267
だんだんと、
Dsc01273
改善してきて、
Dsc01332
くれました。
Dsc01329
がんばりましたねhappy01

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »