« インドシナウォータードラゴン | トップページ | ワクチン »

2016年5月18日 (水)

キンカチョウの皮膚炎

現在、フィラリア・狂犬病・ノミマダニの予防期間で診療が忙しい上、
専門誌への投稿や、研究会での講演などが重なり
ブログやFacebookへの投稿が遅くなってしまっており、
ご指摘いただくこともあります。大変申し訳ありません。
現在、スタッフを増員し、
デジタルサイネージの放映や、呼び出しベルの活用など、
待ち合い状況の改善に努めておりますが、
長時間、お待たせすることが多くなってしまっております。
ご迷惑をおかけしますことを、重ねてお詫び申し上げます。
********************
片足が皮膚炎を起こしてしまい
うまく止まり木に止まれなくなってしまった、
キンカチョウのレンくんです。
Dsc01464
初診時には足が腫れ上がってしまい
症状と経過から、ブドウ球菌などの感染症が疑われました。
これ以上の悪化が見られた場合には
外科的な処置も考慮しなければならない状態でしたが、
幸い、内科的な処置による反応が良く、
ほぼ、以前の状態まで改善してくれました。
よく頑張ってくれました!

« インドシナウォータードラゴン | トップページ | ワクチン »