« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

12月17日(土)臨時休診

所用により12月17日(土)は臨時休診とさせていただきます。
大変申し訳ありませんが、ご了承のほど、
よろしくお願い申し上げます。
Dscf1330

2016年11月29日 (火)

パッキンの誤食

パッキンを大量に誤食してしまった小夏ちゃんです。
Imgp8096
内視鏡で胃の中を確認すると、
胃の中と出口にたくさんのパッキンの破片が詰まっていました。
20161129_182537
幸い内視鏡で胃〜十二指腸にかけて
詰まっていた物を摘出して、元気に回復してくれました。
Dsc01867
全部で40個以上の破片があり、
内視鏡で往復しながら摘出しました。
Dsc01866
お腹を切らずに内視鏡で取ることができましたので
翌日には退院できました。
しかし、内視鏡がなければ開腹手術と入院が必要なケースだと思います。
もちろん内視鏡で取れないこともありますが、
今回は内視鏡が大活躍してくれました

ワクチン接種📷✨

ワクチンに来てくれた

ワンちゃんとネコちゃんたちの

可愛いお写真です

みんな頑張りました

Photo_13

ミーちゃん
Photo_14
ゾンビちゃん
Photo_15
ヤンキーちゃん
Photo_16
くぅちゃん
Photo_17
ゆうひちゃん
Photo_18
花子ちゃん
Photo_19
くぅちゃん
Photo_20
クッキーちゃん
Photo_21
ことりちゃん
Photo_22
サスケちゃん
Photo_23
ソラちゃん
Photo_24
マロちゃん
Photo_25
みゅうちゃん
Photo_26
ルイちゃん
Photo_27
ルピちゃん
Photo_28
にゃんたろうちゃん
Photo_29
ふくちゃん
Photo_30
ポチちゃん
Photo_31
光ちゃん
Photo_32
龍ちゃん

手術後のお写真

手術を頑張った子達の

お写真です

みんな元気に退院出来ました

Photo

あずきちゃん
(避妊手術、歯石除去、臍ヘルニア)
Photo_2
たまちゃん(裂傷)
Photo_3
ガーちゃん(去勢手術)
Photo_4
ミーちゃん(去勢手術)
Photo_5
こむぎちゃん(去勢手術)
Photo_6
チョコちゃん(臍ヘルニア)
Photo_7
はなちゃん
(乳腺腫瘍、子宮卵巣摘出)
Photo_8
ぷっちちゃん(去勢手術、歯石除去)
Photo_9
メロちゃん(避妊手術)
Photo_10
コアちゃん(避妊手術)
Photo_11
ダリちゃん(去勢手術)
Photo_12
チェリーちゃん
(子宮卵巣摘出、皮膚腫瘤切除)

2016年11月22日 (火)

寒冷期の小鳥さん

寒冷期に入り、体調を崩す小鳥さんの来院が増えています。
ひよちゃんは、嘔吐と黒色便を主訴に来院されました。
Imgp8080
重度の胃炎による症状と判断して治療を行いましたが、
消化不良便の排泄や体重減少の症状も表れたため、
試験的に真菌に対する治療を行ったところ、
症状が改善し、体重もすぐに戻ってくれました。
胃に生息する真菌(マクロラブダス)は検査で見つかることが多いですが
今回は検出されませんでした。
しかし、治療の経過からは、
真菌感染があった可能性が示唆されます・・・。
**********************
寒くなり、インコさんのマクロラブダス症をはじめ、
体調を崩してしまったり、
病気が顕在化して来院する小鳥さんが増えています。
小鳥さんの温度管理にはくれぐれもご注意ください。

2016年11月21日 (月)

黄色い猫ちゃんに注意!

注射後から食欲がないという主訴で、
1ヶ月前に初診で当院に来られたきんたくんです。
Imgp8026
来院時、粘膜や皮膚が黄色く変色し、
おしっこの黄色も濃かったということでした。

おしっこや皮膚が黄色く見えるということは、
黄疸の可能性があります。
黄疸は、本来は胆汁から排泄されるビリルビンという色素が
血液中に何らかの理由で停滞し蓄積してしまう減少で、
非常に危険なサインです。
飼い主さんが気楽に考えてしまう一方で、
診察した獣医師が深刻に考える症状のひとつでしょう。
きんたくんは、重度の黄疸で、
超音波検査で胆管の異常が見られ、
症状やその他の検査結果と合わせて、胆管肝炎と考えられたため、
即日入院で治療を開始しました。
幸い、重篤な状態からは1週間ほどで脱することができましたが、
心配のない状態になるまでは、さらに3週間ほど、
通院治療と、自宅での投薬が必要になりました。
Imgp8021
1ヶ月ほど、治療を頑張ってくれたお陰で
体重も増えて、とても元気になってくれました。
元気すぎて写真がぶれてしまいます。
Imgp8023
初診での緊急入院ということでしたが、
飼い主さんにもご理解をいただくことができ、
早期に治療を開始出来たことも幸運だったと思います。
**********************
皆様、皮膚や耳介、白目が黄色い、おしっこが極端に黄色い
ねこちゃん、わんちゃんはゼッタイに様子を見ないでください。
それは緊急事態の可能性があります!
**********************
ワクチン接種後や妊娠中など、
特に心配な状態になりがちな時には、
一緒に暮らす動物たちのためにも、
緊急時や時間外の際の連絡先や受け入れ先を、
かかりつけの病院で事前に確認しておくことも大事なことだと思います。
合わせてご注意ください。

2016年11月12日 (土)

4周年

今日で当院は4周年でした。
と言っても、診療業務は常にありますし、
診療外の勉強会や研修会があり、
今日も、学術講演を聴講して来ました。
何周年ということは動物病院という業務の中では
あまり意味をなさないことかもしれませんが、
今の状態とこれからの展望を考える節目になると思っています。
これまで、院内の設備の拡張を少しずつですが行い、
これからも必要な拡張は無理のない範囲で行っていく予定ですが、
病院として安定してきた今では、診療のひとつひとつを大切にし
動物たちの出すサインを見逃さないようにケアしていくことが、
一番大切なことだと、改めて思っています。
謙虚に診療を行い、適切なフォローと修正を患者さんごとに行えるように
前向きに頑張っていきたいと思います。
Dsc01863
本年の10月までに当院で混合ワクチンを接種された子たちのお写真が
今年もzounさんの年末年始合併号に載ることのなりました。
こうした、地域の方に喜んでもらえることも
少しずつ考えて増やせていけたらと思っています。

2016年11月11日 (金)

薬剤耐性対策推進月間

11月は獣医療の管轄である農林水産省により
薬剤耐性対策推進月間 と位置づけられており、 
愛玩動物の医療においても、
抗菌剤による薬剤耐性菌の動向調査・監視を行うことの
再確認がなされています。
具体的には抗菌剤の慎重使用への取り組みが求められています。
当院では、院内での薬剤感受性試験を行っています。
Dsc01851
抗菌剤の適切な使用により、
動物への治療がより的確に行うことができるだけでなく、
耐性菌によるリスク管理措置という面からも
望ましい検査のひとつと考えています。

2016年11月10日 (木)

獣医師お休みのお知らせ

以下の日程で獣医師の休診があります。

憂子獣医師:11月19日(土)
ご不便をおかけ致しますがご理解のほど
宜しくお願い致します。

2016年11月 5日 (土)

手術後のお写真

最近手術を頑張った

わんこさん、にゃんこさん達の

お写真です

元気に退院できて良かったね

Photo

ロコちゃん (子宮蓄膿症)
Photo_2
ちろちゃん (去勢手術)
Photo_3
梨々ちゃん (腸閉塞、避妊手術)
Photo_4
らんちゃん (去勢手術)
Photo_5
ラッキーちゃん (断尾手術)
Photo_6
ももちゃん (避妊手術)
Photo_7
はなちゃん (避妊手術)
Photo_8
ニャニイちゃん (卵巣子宮摘出)
Photo_9
ちゃあちゃん (去勢手術)
Photo_10
エマちゃん (避妊手術、乳歯抜歯)
Teba
TEBAちゃん (避妊手術)
Photo_11
リブちゃん (去勢手術)
Photo_12
ヤマトちゃん (片側腹腔内の去勢手術)
Photo_13
みんとちゃん (去勢手術)
Photo_14
キャトラちゃん (避妊手術)

2016年11月 3日 (木)

動物看護大会

当院の認定動物看護師さんに
動物看護職協会の動物看護大会に参加してきてもらいました。
Dscf2215
今年は日本獣医生命科学大学で行われました。
ちなみに私の師匠の母校でもあります。
アメリカで動物看護師として働いている方の講演などを
聴講してきてもらいましたが、
アメリカでは国家試験のほかに、州ごとにも動物看護師の公的な試験があり、
その職域も保障されていて、その先進的な専門性に関して、
大変興味深い内容の講演を聞くことができたそうです。
Dscf2222
日本では公的な資格としては認められてはいないのですが、
行政として、専門性を認定し知識や技術を高い水準で
平準化しようという動きがあり、
一定の教育を受け、試験に合格することにより
認定動物看護師としての登録を行う、統一認定機構が4年ほど前に発足し、
すでに多くの認定動物看護師が、動物病院に勤めています。
当院にも認定動物看護師が2名おり、
来年からも1名が新たに加わってくれる予定です。
公的な資格ではありませんが、正しいスキルやテクニックと、
何よりも動物を守るというプロ意識を持って伸び伸び働いてもらいたいものです。
Dscf2205
〜おまけ〜
日本獣医生命科学大学の中庭にある牛さんのベンチです。
ここに行くとみんなこのベンチの写真を撮ると言われていますが、
案の定、この写真を撮ってきてくれました。
皆様も、日本獣医生命科学大学にお越しの際には是非。

2016年11月 2日 (水)

11月になりました。

11月になりました。
当院は11月は歯科眼科月間、高齢期検診月間となっています。
Dsc01849
麻酔下歯科処置の麻酔前検査と
スリットランプによる白内障の検査が半額で受けられるほか、
高齢期の特別検診として、
心臓病と腎臓病の早期発見マーカーを含む検査セットをご用意しております。
月間ごとの期間限定で行っていますので、
ご希望の方はお早めにお申し付けください。
(今回の検査はご予約の必要はありません。診察時間にお越し下さい)

2016年11月 1日 (火)

ワクチン💉

ワクチンに来てくれた
ワンちゃんネコちゃんの
お写真です
みんな注射を頑張りました

Photo_18

こつぶちゃん
Photo_19
ちとせちゃん
Photo_20
たらおちゃん
Photo_21
ゼロちゃん
Photo_22
シンちゃん
Photo_23
エリーちゃん
Photo_24
サスケちゃん
Photo_25
ころんちゃん
Photo_26
コロちゃん
Photo_27
コナミちゃん
Photo_28
くぅちゃん
3_3
クーちゃん
Photo_29
ギンちゃん
Photo_30
きょんちゃん
Photo_31
キナコちゃん
Photo_32
カイちゃん
Photo_33
うめちゃん
Photo_34
イヴちゃん

ワクチン

ワクチン接種にきてくれた
わんちゃん、にゃんちゃん達の
お写真です
みんな頑張りました

Photo

ワサビちゃん
Photo_2
凛ちゃん
Photo_3
風雅ちゃん
Photo_4
小太郎ちゃん
Photo_5
子チビちゃん
Photo_6
レイちゃん
3
リリーちゃん
2
ムギちゃん
3_2
ミルクちゃん
4
まろんちゃん
Photo_7
まろちゃん
Photo_8
マリアちゃん
Photo_9
ぽんちゃん
Photo_10
ベリーちゃん
2_2
ふくちゃん
Photo_11
フウちゃん
Photo_12
ピットちゃん、チャロちゃん
5
はなちゃん
Photo_13
はづきちゃん
Photo_14
のあんちゃん
Photo_15
ねむちゃん
Photo_16
ナナちゃん
Photo_17
なすびちゃん

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »