« 手術後のお写真! | トップページ | ゲストティーチャー »

2017年9月22日 (金)

ヘルニアのレーザー治療

頸部椎間板ヘルニアで内科治療を行っていた、
ペキニーズのペチャちゃんです。
Imgp0415
ペキニーズもダックスフンドと並んで、
椎間板ヘルニアの多い犬種ですが、
ダックスフンドとも違った、
独特な症状の出方をすると経験しています。
Imgp0413
今回のペチャちゃんも内科治療を行っていましたが、
前足になかなか力が入らなかったところ、
レーザー治療が奏効したようで、
元気に歩いている姿を見せてくれました。
みんながみんな、治療に反応してくれるわけではありませんし、
手術が必要なケースもありますが、
治療の重要な選択肢のひとつになってきています。
*炭酸ガスレーザーではなく
ニ波長半導体のデュアルダイオードレーザーでの治療になります。

« 手術後のお写真! | トップページ | ゲストティーチャー »