« 狂犬病集合注射 | トップページ | ワクチン後のお写真! »

2018年5月 7日 (月)

フィラリアの検査について

ゴールデンウイーク中は例年以上に診療時間外の診察が多く
30件近い診察をさせていただきました。
(時間外につきまして詳しくはこちら
また、ここ数ヶ月はフィラリアと狂犬病の予防に来られる方が多く
たくさんの方がいらしています。
その中でよく質問をいただくことが
「フィラリアの検査」についてです。
七尾市はフィラリアが非常に多く、
当院では開業当初より、フィラリアの検査をお勧めしています。
(七尾市のフィラリアの発生状況につきまして詳しくはこちら
なぜフィラリアの検査が必要かというと、
万が一フィラリアに感染していた場合、
たくさんのフィラリアが血中に潜んでいることになります。
その状態でフィラリアのお薬を飲んでしまうと
それが一度に死滅してしまい、
血管に詰まってしまうことがあるからです。
都心ならまだしも、能登は野生動物も多く
フィラリアの予防に不備が合った場合などに
フィラリアに感染してしまう確率が非常に高くなっています。
Img_2413
そして、フィラリアの検査が望ましいのは、
フィラリアのお薬をその年の最初に飲ませてあげるタイミングになります。
(注射で予防されている方は注射のタイミングです)
実はフィラリアのお薬の説明書きにも記載されています。
なぜか最近「狂犬病の注射の際に検査が必要ですか」
「混合ワクチンの前に検査が必要ですか」
という問い合わせが多い
のですが、
必要と考えられるのは、
「その年のフィラリアの最初のお薬の時」
「フィラリアの注射の時」
です。
お間違いのないように、今一度ご確認くださいhappy02

« 狂犬病集合注射 | トップページ | ワクチン後のお写真! »