« ソーラーライト | トップページ | 椎間板ヘルニアの手術 »

2021年3月 4日 (木)

内視鏡と開腹手術

鋭利なネジを飲み込んでしまった楽ちゃんです。
摘出することができたので今はとても元気です。
Img_9815
腸管穿孔を起こす恐れがあり、
摂取後時間が経っていなかったため
まず内視鏡検査を行い、食道・胃から小腸の上部までを確認しましたが、
すでに内視鏡の入らない部位まで流れてしまっていたため、
そのまま開腹手術になりました。
時間が経っていなければ
内視鏡で異物が取れることも多く
日帰りで帰れることも多いのですが
異物の形状や食事の時間などによっては
すぐに消化管の中を流れていってしまうことあります。
開腹手術の場合は
最低でも2〜3日の絶食が必要になることも多く
入院での治療が必要になることがほとんどです。
いかに早いタイミングで
内視鏡検査を行えるかが大事になることもありますので
異物を食べてしまった場合は
なるべく早く、お申し付けください。

« ソーラーライト | トップページ | 椎間板ヘルニアの手術 »