カテゴリー「③エキゾチックアニマル症例」の記事

2018年9月10日 (月)

ミドリガメさんの卵塞

産卵がうまくいかず、調子を崩してしまった亀子ちゃんです。

Imgp3061

なかなか産卵することができず、
食欲もなくなってしまっていました。
手術も検討していましたが、
幸い薬に反応してくれて、一つずつ、産卵してくれましたhappy01

2018年7月19日 (木)

止まり木の太さに注意!

足の握力が低下してしまっていた、
セキセイインコのピーくんです。
Imgp2625
足の麻痺が出てくる病気としては
お腹の中のできものによる神経の圧迫や外傷、
中毒や栄養障害などによって出てくることがありますが、
まだ若くて元気なピーくんは
比較的症状が軽く、
止まり木の大きさが合っていないことによる障害も
疑われたため、
神経回復促進のためのお薬と
止まり木の太さの調節で、
症状が治まってきました。
インコさんではよく診られる症状ですし、
止まり木も見落としがちなポイントですので
インコを飼っている方は是非お気をつけ下さい!

2017年4月20日 (木)

ねずみの歯医者さん

ねずみさんやうさぎさんは、
歯がずっと伸び続けます。
種類によって伸びる歯が違うので、
それぞれに違う歯医者さんをしてあげなくてはいけません。
Dsc02074
ロボロフスキーのラムちゃんです。
ハムスターさんは切歯(前歯)がずっと伸び続けます。
普段は物を齧ってすり減りますが、
すり減りがうまくいかず少しでも曲がってしまうと、
噛み合ない状態で伸び続けてしまいます。
そのままでは上あごや下あごに刺さってしまいますので、
切ってあげる必要が出てきます。
切る時にはなるべく歯の根元に負担をかけないように切るのが
ポイントになります。
ラムちゃんは、幼い頃から歯の処置が必要になり
1年以上になりますが、
定期的な治療でとても元気に過ごしてくれています。
きちんと様子をみて通院してくれているご家族に感謝ですね!

2016年12月27日 (火)

オカメインコさんのマクロラブダス

マクロラブダス症の治療を頑張った、
オカメインコのトムちゃんです。
Imgp8321
マクロラブダス症はセキセイインコで多い病気ですが
オカメインコでも発症することがあります。
特に、幼若鳥で、少しわかりづらい形態で糞便中に
菌体が観察されることが多いように感じています。
マクロラブダス症は薬剤耐性菌となっていることも多く
治療が一筋縄ではいかないことも多く、
検査も形態によってはわかりにくいことも多いため、
見過ごされてしまうこともあります。
しかし、重症化したり、突然死してしまうこともあるため、
注意が必要になります。

2016年12月12日 (月)

難しい分野です…

コオロギに噛まれてしまった皮膚が化膿してしまい
大きな創傷になってしまったフトアゴヒゲトカゲのキラーちゃんと、
室内の事故で骨盤を骨折してしまった
チンチラのチラちゃんです。
外傷や骨折は、手術をすべきか、タイミングはどうするか、
固定するにはどの程度の安定性がとれそうかなど、
動物種や年齢、受傷部位の状況、飼育環境などによって大きく異なってきます。
Imgp7838
キラーちゃんは皮膚の感染を抑えたところで、
手術や皮膚を寄せる処置を複数回行い、
創傷部を癒合させることができました。
Imgp8231
チラちゃんは、痛みを抑えながら骨折部位を安定させて生活して治療を行い
ほぼ正常な歩様で運動できるようになりました。
二人ともよく頑張ってくれました。
2
上が受傷後のレントゲンです。赤い部分が剥離骨折しています。
下は治療後のレントゲンです。まだ心配な部分もありますが、
しっかりと癒合してきています。
1
このように、わんちゃんやねこちゃん以上に
エキゾチックアニマルは個体ごとのオーダーメイドでの治療が
必要になることが多いと思っています。
まだまだ診療に関する資料も少なく、
試行錯誤が多く、良い結果にたどり着けないこともあります。
当院はエキゾチックアニマルや鳥類、ウサギなどの専門病院ではなく、
できる治療の幅もどうしても限られてしまいます。
そのような状況でも、七尾市外の病院から、
たくさんのエキゾチックアニマルをご紹介いただき、
直接当院へ来られる方以上に、遠方から来られる方が多くなっております。
一朝一夕で簡単にできるような分野ではありませんが、
少しでも希望をもってお越し頂けるように
頑張っていきたいです。

2016年11月22日 (火)

寒冷期の小鳥さん

寒冷期に入り、体調を崩す小鳥さんの来院が増えています。
ひよちゃんは、嘔吐と黒色便を主訴に来院されました。
Imgp8080
重度の胃炎による症状と判断して治療を行いましたが、
消化不良便の排泄や体重減少の症状も表れたため、
試験的に真菌に対する治療を行ったところ、
症状が改善し、体重もすぐに戻ってくれました。
胃に生息する真菌(マクロラブダス)は検査で見つかることが多いですが
今回は検出されませんでした。
しかし、治療の経過からは、
真菌感染があった可能性が示唆されます・・・。
**********************
寒くなり、インコさんのマクロラブダス症をはじめ、
体調を崩してしまったり、
病気が顕在化して来院する小鳥さんが増えています。
小鳥さんの温度管理にはくれぐれもご注意ください。

2016年10月26日 (水)

ハムスターの頬袋外反

ハムスターさんには、ごはんを一時的に入れておくことのできる
素敵なポケットが、左右のほっぺたにあります。(頬袋)
しかし、その頬袋が口の外へ飛び出してしまうことがあります。
そのままにしていると、自分で噛みちぎってしまうため
元に戻してあげる必要があります。

グルーちゃんも頬袋が飛び出してしまったのですが、
かなり大きくでてしまい、周囲組織との癒着や壊死部分もあり
整復が困難だったため、過剰に出てしまっている部分を切除しました。
Dsc01796
術後から、ごはんを上手に食べてくれています。
その後の再診でも、順調そうでした。
Imgp7721
ジャンガリアンハムスターの寿命は決して長くはないですが、
だからこそ短い時間を、大切に過ごせるようにしてあげたいものです。

2016年10月20日 (木)

うさぎさんの子宮静脈瘤

子宮に内膜過形成と静脈瘤ができてしまい、
大量出血が起きてしまったこつぶちゃんです。
Imgp7672
すでに重度の貧血でしたが、
幸い、早いタイミングでお連れいただき、
すぐに手術を行うことができたので
元気な状態に回復してくれました。
うさぎさんの陰部から出血が見られる場合は
一刻を争うことがあります。
とくに静脈瘤が破綻してしまっていると
大量の出血を伴うため、
手術をすぐに行うことができるかどうかが
助けてあげられるかどうかの分かれ目になります。
私たちも時間が経過してしまったうさぎさんで
何度も苦い思いをしています。
様子を見ずに、すぐに手術可能な病院へ連れていってあげてください。
また、うさぎさんは子宮の病気が多いので、
若いうちに避妊手術をしてあげることもオススメです。

2016年10月18日 (火)

敷き紙にご注意!

血尿をしているという主訴で来院された、
オカメインコのペコちゃん。
Dsc01704
排泄物の周囲が赤く着色し、これが出血であれば、
重度の出血の可能性があります。
Dsc01701_3
しかし、敷き紙にしていたポイント3倍のチラシをめくると・・・、
Dsc01703
出血ではなく、チラシの裏の色が写っていただけでした。
笑い話のように見えてしまうかもしれませんが、
これは実は、鳥さんの診察ではわりと起こりうることで、
気づかないでいると余計な負担を鳥さんに与えかねません。
(オカメさんには恐がりさんもいます!)
何事もなくて良かったです。

2016年8月29日 (月)

ミーアキャットさんの手術と時間外について

お盆休み中に、
ミーアキャットさんが尻尾に大きな怪我してしまい
緊急手術をしました。
お盆休み中は、その他にも、旅行中の方のお連れのわんちゃんや
体調を崩してしまったわんちゃん、ねこちゃんの診療を致しました。
Imgp7450
先日、経過が良好なためエリザベスカラーを外せるようになりましたhappy01
尻尾の損傷は、私が思い出せるだけでも、
今までに、ウサギ、イグアナ、シマリス、フトアゴヒゲトカゲ、
デグー、フェレットなど、多くの動物で遭遇しています。
もちろん、わんちゃんねこちゃんでもありますが、
尻尾の手術はエキゾチックアニマルの診療の中でも
比較的多い手術だと思います。
******************
時間外で診察できることには限界があり、対応ができないこともあります。
なるべく、平日の診療時間内にお越しいただき、
節度を持ったご利用をいただきますようお願い申し上げます。
またそういった理由から、
時間外診療は当院をかかりつけにしている方に限らせていただいております。
普段、別のかかりつけの病院に通われていて、
夜間に電話相談だけでご利用されるようなことはお控えいただき、
常日頃より、かかりつけの先生に時間外の場合のご相談をされておかれるよう
お願い申し上げます。
お電話だけでのご相談をご希望の方は、
獣医師の電話相談サービスを行っているところも
できているようですので、ご検討ください。
http://www.anicli24.com

********************
時間外診療の詳細(連絡先等)につきましては、
初診時にお伝えしているほか、受付にもご案内の用紙を置いております。
(申し訳有りませんが、防犯とイタズラ防止のため、
Web上や電話帳には一切記載しておりません。)
最近、時間外のご案内の用紙をなくされてしまい、
当院で対応することができなかったケースが続いております。
当院をかかりつけとされている方につきましては、
今一度、ご確認のほど、よろしくお願い申し上げます。

より以前の記事一覧